メルカリに出品する時間帯は重要|購入層によって時間帯に注意

pp_gyoumuyoutokei_tp_v

メルカリには売れやすい時間帯がある?

メルカリに商品を出品するとき、闇雲に出品していたりしませんか?気が向いたら出品しているなど適当な時間帯に出品していては売れる商品も売れにくくなってしまいます。時間帯でそんなに変わらないと思うかもしれませんが、メルカリの仕様と購入者層によって売れやすさはかなりかわります。今回は売れやすい時間帯について解説します。

ユーザー層によってメルカリに触る時間が違う

メルカリは利用しているユーザー層によってアクセスする時間帯が異なると言われています。そのため、狙った時間帯に商品を出品するほうが効率よく購買層の目に留まりやすくなって、売れやすさが変わってきます。メルカリは仕様上、出品時間が新しいものから検索結果の1ページ目に表示されるようになっているため、狙った購買層がアクセスする時間帯に出品することで、1ページ目に表示されやすくなるのです。3ページ以降後ろに流れてしまうとどんどんみられる可能性が低下していきますので、なるべく狙っている購買層がアクセスしやすい時間帯に出品しておくことがおすすめです。pak95_sunadokei20141018123010_tp_v
以下は各購買層のアクセスしやすい時間帯です。

主婦層がアクセスする時間帯

主婦層がねらい目の商品の場合、正午以降の1時~3時辺りがねらい目です。一通り家事を終えて昼食をとりながら一息ついている時間帯のため、メルカリにアクセスしやすくなっています。この時間以降はまたアクセスする可能性が落ちていきますので、主婦向けの商品を出品している場合は、この時間を意識しておきましょう。

学生がアクセスする時間帯

学生がアクセスする時間帯は朝の通学時間など、移動する時間帯だと思われます。また、授業が終わる夕方などもねらい目で、帰り道や放課後の時間帯はアクセスしやすさが上がります。なお、ここからアルバイトをする学生も多くいますので、意外と夕方から夜の時間帯はアクセスが少なくなる傾向にあるようです。

サラリーマンがアクセスする時間帯

サラリーマンも学生と同じで朝の出勤時間にアクセスが集中します。昼間は休憩時間でもスマホに触らない人がいますので、あまりアクセスが伸びません。仕事終わりの帰宅時間を狙って商品を出品していきましょう。

共通の時間帯

全ユーザーが共通しているのは夜10時以降です。このあたりから食事を終えて自宅で一息ついているユーザーが多く、自然とスマホに触る人が増加します。この時間帯は商品検索と同時に、朝などにいいねでブックマークしておいた商品を再チェックして買うかどうか考える時間になったりしますので、購入される可能性が高くなってきます。コメントの対応も多くなると思いますので、売上アップのためにも出品作業とコメント返信に必ず対応しておきましょう。
まとめ
メルカリの仕様の関係上、出品する時間帯は必ず購買層に合わせて出品したほうがいいです。ツールを利用して予約出品しているのなら楽でいいのですが、手動で行っている場合は闇雲に出品しても作業時間の無駄が増えてしまうだけです。なるべく売れやすかったり、最低でもいいねが付きやすい時間帯に出品しなければあまり意味がないと思ったほうがいいです。また、自分が出品している商品がどの購買層に向けられているのかを予め把握しておくことも大事です。狙った購買層に買ってもらえるように出品する時間帯を絞ることで、作業時間を可能な限り減らした上に、収益は増えやすくなります。

どの層にも買ってもらえるような商品を出品している場合は、様々なキーワードを入れた商品説明文を作って、ツールなどを使って一定時間ごとに出品しておくことで目に留まりやすくなるのでお勧めです。

メルカリに出品する際は値下げを考慮すべき?出品後の対応とは

pak24_akusyuwokawasuhutari1194_tp_v

メルカリでは定番になっている値引き交渉

メルカリはフリマアプリというカテゴリーのため、フリーマーケットをもとに作られています。そのため、メルカリには出品されている商品にたいして値引き交渉を行える文化が存在します。メルカリでは欠かせない要素になっていますが、あまりに過度に意識しすぎても出品しにくくなってしまいます。今回はメルカリの値引き交渉にたいして出品前から準備すべきなのかを考えてみました。sep_355215221321_tp_v-1

出品前から値引きを考慮すべきか?

メルカリでは当たり前のように行われている値引き交渉ですが、出品前から考慮しておくべきなのでしょうか。商品に興味を持ってくれているが、購入までもうひと押し欲しいという相手には非常に有効です。しかし、メルカリ上ではコメントの第一声で値引き要求をしてくるユーザーも多数います。面と向かって話していたり、幾度かやり取りをしているならわかりますが、いきなり値引きを要求されるのはあまり気持ちいいものではありませんよね。

値下げ交渉を受け入れたほうが商品の回転率も上昇するというメリットもありますが、下げた分利益は当然減ってしまいます。利率が高いものならいいですが、薄利多売のものは一度の値下げで利益が相当減ってしまう可能性も。以下を参考に出品前から値下げに対して対策をしておくとよいでしょう。

出品前に値引き交渉の対策をしておく

出品時から値下げ対策をしておく場合は、商品説明文と出品価格に手を加えておきましょう。これをやっておくだけで値下げ交渉に悩まされることも少なくなると思います。yuka863_korekore15202501_tp_v
出品価格を高めに設定
出品時点で値下げしてもいいように値段を高めに設定しておくことで、値下げしても利益が減らないようになります。商品の仕入れ値との相談になってしまいますが、相場より少しだけ高めに設定しておくことで、値下げ交渉されて差し引いてもある程度の利益を保つことができます。もしそのまま売れても収益が上がるだけなのでかなりおいしいです。
商品説明にお断り文
初めから商品説明文に「値下げNG」と記載しておくことで、値下げ交渉をしてくるユーザーをブロックできます。必ず商品説明文の上部に記載しておきましょう。タイトルに入れてしまうと商品自体が見てもらえなくなる可能性があり、下部ではきちんと読まれない場合もあります。必ず商品説明文の上部に載せておきましょう。

値引きをする際の注意点

出品していると自分が値引きする立場になりますが、購入する場合は相手に不快な思いをさせないように交渉しましょう。一番嫌われるのは初回コメントで値引き可能か聴くことです。出品されている商品には仕入れ値や利益など、見えない数字が潜んでいます。中には上から目線で大幅な値下げを要求してくるユーザーもいますが、確実に出品者が不快に思っているので、絶対にやめましょう。

商品への質問や興味のあることを聞いたうえで、あと一歩で買うかもという空気を相手に伝えれば、向こうから値下げを提示してくれる可能性もあります。
まとめ
メルカリでは値下げが文化として根付いていますが、絶対に行わなければならない決まりはありません。出品している商品の仕入れ値や利益を考慮しつつ、相手の対応がよければしてあげるというスタンスでも全く問題ありません。慈善活動ではありませんので、自分の利益を優先しても大丈夫です。メルカリは利用ユーザーが若い年齢層であると言われていますので、実際にフリーマーケットを体験したことない人も多いのかもしれません。値段交渉はやはり直接やり取りしているからこそ行うべき行為だと思いますので、出品する前から準備をしておくことで、嫌な気持ちも幾分か減らせると思います。

メルカリ出品の価格相場は?相場を調べて価格変更を行う

di_img_5783_tp_v

メルカリの出品相場価格を調査する方法

メルカリに出品するためには商品の価格を設定する必要があります。この時の価格設定によって売れた時の利益が黒字化赤字か変わってきます。間違った価格を付けてしまえば価格変更を余儀なくされ、無駄な作業が発生してしまいます。そうならないためにも出品前に価格相場を調べて、適した価格で出品するようにしましょう。saya16031118img_9857_tp_v

相場を調べて価格を付けていますか?

出品している商品の価格はきちんと相場を調べてから出品していますか?相場よりも安く設定すれば売れやすくなりますが利益が減り、高く設定すれば利益が増えても売れにくくなってしまいます。狙って安くしたり高くしたりするのはいいのですが、的外れな価格設定では確実に損をします。そうならないためにも、出品する商品の相場価格を事前に調べてから出品するようにしましょう。

メルカリの価格相場を調べる方法

メルカリに出品する前に以下の方法で商品の価格相場を調べておきましょう。以下方法はほんの一部ですが、これだけやっておくだけでも十分に価格を調べることができます。入門編的な方法を熟知しておくことが安定した収入につながります。

amazonで価格を調べる

メルカリで出品する前にアマゾンなどで確認してみて、価格を調べておきましょう。海外からの輸入品などでなければ、大抵のものはアマゾンで取り扱っていると思われますので、商品名や関連商品で調べておきましょう。ここで見るのはあくまで世間的な価格相場です。メルカリはアマゾンの価格よりも高く設定されているのに売れる場合もありますので、あまりにも価格差があるようならば、直接アマゾンから仕入れを行ってもいいかもしれません。

また、アマゾンのほうが高く設定されているときもありますので、メルカリで未使用品などを見つけた場合は、そのまま仕入れてアマゾンに転売してしまうのもいいかもしれません。メルカリで仕入れる場合は、必ず商品状態とユーザー評価を気にしましょう。最悪の場合、粗悪な商品を送られてくる可能性もありますので注意してください。

メルカリの他出品者と価格を比較

メルカリで価格相場を調べるときは、詳細検索の販売状態の項目を利用します。この項目で「売り切れ」にチェックをいれて検索すれば、過去に売れた商品のみが表示されるようになります。出品する商品名や関連キーワードで検索して、擦れに売れているものの最安値と最高値がいくらになっているかを調べておきましょう。その平均額がメルカリにおける相場となります。過去に最高値で何度も売れているようならば、その値段に合わせて価格を設定し、平均額よりも低いものが多数売れているのなら、少し安めに設定したほうがいいと思います。

また、現在出品されている状況も検索してみて、周りの値段を調べてからでもいいかもしれません。早めに売りたいのなら安めに、利益を重視するのなら高めに設定しましょう。重要があるのにあまり数が出品されていない場合は高めに設定しておきましょう。
まとめ
メルカリはほかのネットショップと比べて、価格相場がとても読みにくい状態となっています。同じ商品でも、利益度外視で安値で販売しているようなユーザーもいるため、周りに合わせすぎても利益が出なくなってしまう可能性があります。なるべく仕入れる目途が立ったら、仕入れする前にメルカリ上での相場や利率を計算してみて、値崩れしにくかったり安定した価格帯で出せると思えるようなものを仕入れるようにしましょう。

商品の写真や説明文、オプション品などによって値段が高いのに買われるということも十分にあり得ます。最低限の相場だけを調査して、仕入れ値との差額でどれくらい利益が出るのかを細かく計算して価格設定をしていくことをお勧めします。

メルカリにブランド出品は注意!そのブランドは本物?

メルカリにブランド物を出品するのは実は難しい

メルカリの詳細検索にはブランド物も名前を直接指定して検索することが可能なため、かなりのブランドものが出品されているのです。ですが、メルカリに出品されているブランド物は少し注意が必要になります。とてもレアものだったり、最近発売されたものが格安で売っていた場合、偽物の可能性があるかも。自分が出品するときにも注意が必要になってきます。メルカリにブランド物を出品する場合は必ず以下のことに注意しながら扱いましょう。mba15_gori_tp_v

偽物出品は非常に危険、本物かどうかを確認しよう

まず初めに、出品する予定のものがブランドものだった場合、そのブランド物はきちんと正規店などで購入したもんでしょうか。もし代理店やネット上で購入したものだった場合は中が必要です。もし偽物だった場合は知らずに出品した場合でも刑事事件になる可能性があります。また、購入する場合でも、偽物と気づかずに買ったら問題になってしまいます。

メルカリには高額なブランド品が非常に安い値段設定で売っていたりします。中には中古品で汚れや傷があって安いといった理由のものもありますが、新品未使用で安かった場合は注意が必要です。もしかしたらその商品は偽物かもしれません。必ず購入前に出品者に確認しましょう。

本物と場合は証明できるものを準備

もし自身がブランド物を出品する場合、必ず本物であると証明できるものを用意しましょう。レシートやタグ、ブランドロゴの確認できるものなど、本物を購入した場合についてくるものなど、本物である証明になるものを写真に撮って出品画像に含めておきましょう。それがあるだけで信用度が非常に変わりますし、無駄なコメントなどを極力減らすことが可能になります。

コメントなどの誹謗中傷に注意

ブランド物を出品していると、たとえ本物であると証言できる画像を載せていても、偽物だと疑ってくる人は少なからずいます。本物ですか?と質問してくる人ならばまだいいのですが、中には誹謗中傷をかけてくる人もいます。そんな人に絡まれた場合は無視しましょう。もしひどいようならブロックしたり、コメントの削除もしておくべきです。本物のブランドを出品しているのなら、悪いのは相手のほうなので、堂々と出品しましょう。c789_nintendodsbareru_tp_v

商品説明文もきちんと作りましょう

写真だけではわかりにくいので、商品説明文をきちんと書いておきましょう。書く内容としては、商品を入手した場所や商品の出品理由、またはシリアルナンバーなど、本物のブランド品だとわかるような内容を書いておくことをお勧めします。載せられる情報はすべて載せておくことで、購入者側も質問をする必要性がなくなってきますので、載せられる情報はすべて写真で載せるか説明文で書いておきましょう。
まとめ
メルカリではブランド物の扱いもありますが、いくら安くてもメルカリで買うのはあまりお勧めしません。また、出品する場合にも、結構な手間が発生しますので、出品もお勧めはできませんが、ヤフオクやアマゾン、ラクマなどよりも、メルカリのほうが高い値段で購入される可能が高かったりします。売上を重視するのなら、メルカリに出品してもいいかもしれません。

尚、メルカリは利用者の年齢層が全体的に低い傾向がありますので、あまりにも高額なブランド物を出品しても売れない可能性があります。そのため、出品する商品は高額な家電やバッグなどよりも、ブランド物の財布など、高額すぎない物を出品すべきです。もし出品してもうまく売れないようならば、適度な割引も検討しておきましょう。それができないようならば、早めにヤフオクなどで出品先をシフトすることをお勧めします。

メルカリで出品停止になる条件は?|禁止行為や商品で出品停止に

green5_bite20141123160246_tp_v

メルカリで出品停止になる行為とは!?停止になるとどうなる

メルカリでは違反行為をしていたりすると出品商品ごとに出品停止処置をされる可能性があります。もし出品停止処理をされた場合は、軽度ならその商品だけを一時的に出品停止にされ、内容を改善しないと再出品することができません。通知がきたりすると結構驚くと思うので、予め禁止行為をしないように気を付けましょう。

利用規約を確認して出品停止を回避

基本的に出品禁止になるような行為は利用規約に書かれていることを指しています。利用規約は長文で確認するのが億劫になってしまうのはわかりますが、運営が取り決めているルールが明確に記載されているものになりますので、必ず利用する前に確認するようにしましょう。特に禁止行為の項目には、ユーザーとして行っていけない行為がすべて書かれています。特定のものはその商品の出品だけが停止になりますが、それを繰り返したり重度の違反をするとメルカリ自体の利用が停止されてしまうので気を付けましょう。akane20160312422213_tp_v

出品停止になる行為とは

以下は一部ではありますが、メルカリで出品停止になる行為です。どの程度で停止になるのかも合わせて説明します。確実に停止になるとは言い切れませんが、これらの行為をすることで出品停止になる可能性は非常に高いです。繰り返せばアカウント自体をやられてしまうので注意してください。
他サイトに誘導
他サイトへの誘導はすべて禁止です。メルカリに出品して稼いでいる人は、ヤフオクやアマゾンなどもよく利用しているはずですが、それらに誘導してしまったら禁止行為として停止になります。値段比較として名前や値段を出す程度には問題ないようです。また、メルカリ意外にも多数あるフリマアプリへの誘導も禁止となっています。中にはラクマのように購入時の手数料が発生しないからメルカリよりも安い値段で出品しているものがあった場合に誘導したくなりますが、URLどころか名前を出しただけでも出品を停止させられてしまいます。規約にも他サイトへの誘導が禁止と明記されていますので、商品説明文に比較であっても書かないほうがおすすめです。
無在庫販売
メルカリで稼ぐならリスクが少ない無在庫販売で!という広告をよく目にしますが、メルカリは無在庫販売を禁止しています。今時はアマゾンなどが次の日に発送してくれるので売ってから仕入れれば間に合ってしまいますが、もしばれた場合は即アカウント自体を止められてしまいます。きちんと自分のもとにある商品を発送すれば問題ないのですが、中にはアマゾンから直接送ってしまうような人もいるらしく、もし通報されたら一発アウトです。確かに簡単に利益はでるし無在庫ゆえのリスクもなくなりますが、ばれた場合のデメリットが非常に大きいのでやらないようにしましょう。
まとめ
メルカリは出品できなくなったらすべて終わりです。商品の在庫を残している状態でアカウントが停止してしまえば、その在庫を抱えてしまう行為になります。もちろんほかのチャンネルでの販売も利用するべきではありますが、メルカリでしか出品できない価格帯というものも確かに存在していますので、利用規約に書かれている行為、そして運営側に不利益だったり、ほかユーザーに迷惑になるような行動が気を付けましょう。

利用規約には運営が不適切だと思うもの禁止といった非常に効果範囲の広い一文も入っていますので、明確にどの行為が抵触しているのかわからないこともあります。もし運営に指摘された内容が行われていない場合は、早急に運営にその旨を伝えましょう。正当性が認められれば、停止処置を撤回してくれる可能性もあるようです。禁止商品にはかかわらないのが吉ですね。

Amazon輸入で仕入れをしてみる

Amazon輸入で仕入れをするということで、せどりユニバーサルというツールを使って、
実践しています。

せどりユニバーサルのリサーチ機能は、2分弱の操作で2000件のリサーチができるという代物です。

2000件リサーチしたなかで、価格差が1万5千円のものが含まれていたので、
本当にすごいと感じました。

これらは販売ページの動画で紹介されていたものなのですが、ツールの素晴らしさを感じましたね。

Amazon輸入をする中で、特にお宝商品が多いなぁ~~と感じたのは、ゲームやフィギュア系ですね。

これらの商品はAmazon輸出でも強いので、ぜひ定期的にチェックすることをおすすめします。
Amazon輸出では、トレンドを調べることが1つの大きな要素になりますが、
トレンドはまとめサイトなどで多く紹介されることが多いです。

まとめサイトでは、海外のトレンド情報が多数紹介されているので、
例えばゲームの流行っている内容とか、アニメの流行っている内容がかなり
リアルタイムに近い頻度で知ることができます。

こういったポイントが強みになっているので、
海外トレンドまとめサイトを使いながら、Amazon輸出を実践することは
常識になっています。

仕入れの種類

仕入れをする上で、種類を見極めなくてはいけません。


まずは、家電。


これはいけません。


なぜかというと、置き場所に困るからです。


家電そのものは、中古品などを的確に仕入れることができると、
売上につながったりしますが、それを差し置いても置き場所に困ります。


もちろん、置き場所に困るということは大量に仕入れることが難しいということです。


家電せどりは、単価が高いからよいという意見もありますが、
それは少し誤解が入っています。


単価の高い家電は概して、でかいです。

冷蔵庫とか、洗濯機とか。


これらは業者が扱う分には、人手もあるしよいかもしれませんが、
個人がやるには、難しいです。


ですから、実際に個人が扱える家電は、電子レンジとか中型のものから小型のものになります。


それでも本などに比べると、かさばります。
重いです。

出荷が大変です。


このように大変なことが多いので、家電せどりを個人でやる人は挫折してしまうことがままあります。


ですから、私は家電せどりはおすすめしません。

私がおすすめするのは、ゲームです。


断然ゲームです。


ゲームせどりは、よいです。


しかし、コツが必要です。


それをなんとか克服するために、このブログがあります。


それを次回教えます。